量子並列性とドイチュのアルゴリズム

2019-09-08 (Sun.)

量子計算

\[\newcommand{\ket}[1]{\left|#1\right\rangle} \newcommand{\true}{\mathrm{true}} \newcommand{\false}{\mathrm{false}} \newcommand{\exact}{\mathrm{EXACT}} \newcommand{\threshold}{\mathrm{THRESHOLD}} \newcommand{\concat}{+\!\!\!+}\]

量子並列性

\(n\) qbit の基底の状態 \(\ket{ij\ldots k}\) を普通の古典 \(n\) bit \(i,j,\ldots,k\) と同一視する. \(n\) bit を入力にして 1 bit を出力する古典回路 \(f\) について, 同程度の効率で計算できる次のような量子ゲート \(U_f\) が存在する: \[U_f (x \otimes \ket{i}) = x \otimes \ket{i \oplus f(x)}\] ここで \(x\)\(n\) qbit. \(i\)\(0\) または \(1\) (もちろん) で, \(\oplus\) は排他的論理和.

さて, アダマールゲートを用いれば2つの状態を全く同等に含んだ量子を作れるのだった. それを \(U_f\) に通すことで, 実質的に \(f(0)\)\(f(1)\) を並列に計算するようなことができる. 具体的には次を実行する.

  1. \(H \ket{0}\)\(\ket{0}\) を並べる
  2. これを \(U_f\) に通す

一度の \(U_f\) の計算で \(f(0)\)\(f(1)\) が行われているのが分かる. この性質を 量子並列性 という. ただし, これをこのまま観測するだけでは結局そのどちらか \(\ket{x, f(x)}\) しか得られない. 並列性のメリットを享受するには工夫が必要である. その古典的な一例であるドイチュのアルゴリズムを次に見る.

ドイチュのアルゴリズム (Deutsch’s algorithm)

1 bit から 1 bit を出力する古典回路 \(f\) について, \(f(0) \oplus f(1)\) を一度の \(U_f\) (\(f\) 相当の計算) で計算することができる.

アルゴリズムは次の通り:

  1. \(\ket{+} = H \ket{0}\)\(\ket{-} = H \ket{1}\) を得る
  2. \(\ket{\phi_1, \phi_2} = U_f \ket{+-}\)
  3. \(H \ket{\phi_1, \phi_2} = H \ket{\phi_1} \otimes H\ket{\phi_2}\) を計算して 1 qbit 目を観測する

具体的に計算を追う.

  1. \(\ket{+-} = \ket{+} \otimes \ket{-} = \frac{1}{2} (\ket{00} - \ket{01} + \ket{10} - \ket{11})\)
  2. \(U_f \ket{+-} = \frac{1}{2} (\ket{0,f(0)} - \ket{0,1-f(0)} + \ket{1,f(1)} - \ket{1,1-f(1)})\)
  3. \(H(U_f \ket{+-}) = \frac{1}{2} \left[ (\ket{+} \otimes H\ket{f(0)}) - (\ket{+} \otimes H\ket{1 - f(0)}) + (\ket{-} \otimes H\ket{f(1)}) + (\ket{-} \otimes H\ket{1 - f(1)}) \right]\)

最期の式を更に詳細に計算する.

初めの2項 \((\ket{+} \otimes H\ket{f(0)}) - (\ket{+} \otimes H\ket{1 - f(0)})\) を調べる. \(f(0), 1-f(0)\) はちょうど一方が 0 なら他方は 1 である.

\(f(0) = 0\) のとき,

\[\begin{align*} (\ket{+} \otimes H\ket{f(0)}) - (\ket{+} \otimes H\ket{1 - f(0)}) & = \ket{+} \otimes (\ket{+} - \ket{-}) \\\\ & = \ket{+} \otimes (\sqrt{2} \ket{1}) \\\\ & = \sqrt{2} (\ket{+} \otimes \ket{1}) \end{align*}\]

同様に \(f(0)=1\) のとき,

\[\begin{align*} (\ket{+} \otimes H\ket{f(0)}) - (\ket{+} \otimes H\ket{1 - f(0)}) & = - \sqrt{2} (\ket{+} \otimes \ket{1}) \end{align*}\]

である. この2つの場合をまとめて \[(\ket{+} \otimes H\ket{f(0)}) - (\ket{+} \otimes H\ket{1 - f(0)}) = (-1)^{f(0)} \sqrt{2} \ket{+1}\] と書ける. ここで \(\ket{+} \otimes \ket{1}\)\(\ket{+1}\) と書いた.

また残りの2項についても同様に \[(\ket{-} \otimes H\ket{f(1)}) - (\ket{-} \otimes H\ket{1 - f(1)}) = (-1)^{f(1)} \sqrt{2} \ket{-1}\] となる.

というわけで \[\begin{align*} H(U_f\ket{+-}) & = \frac{1}{2} \left[ (-1)^{f(0)} \sqrt{2} \ket{+1} + (-1)^{f(1)} \sqrt{2} \ket{-1} \right] \\\\ & = \frac{1}{\sqrt{2}} \left[ (-1)^{f(0)} \ket{+1} + (-1)^{f(1)} \ket{-1} \right] \end{align*}\]

を得る.

2 qbit 目は常に \(1\) であることがわかる. さて 1 qbit 目にだけ注目すると \[\frac{1}{\sqrt{2}}\left[ (-1)^{f(0)} \ket{+} + (-1)^{f(1)} \ket{-} \right]\] である. \(f(0), f(1)\) によって4通りに場合分けをすると,

  1. case \(f(0)=0, f(1)=0\)
  2. case \(f(0)=0, f(1)=1\)
  3. case \(f(0)=1, f(1)=0\)
  4. case \(f(0)=1, f(1)=1\)

観測する場合にはその係数の大きさの自乗の確率で状態を得る. 係数はそれぞれ \(+1\) または \(-1\) になっているから結局必ず \(\ket{0}\) または \(\ket{1}\) を得ることになり, それは \(f(0) \oplus f(1)\) と一致している. 例えば \(f(0)=1, f(1)=0\) の場合は \(-\ket{1}\) を得, 観測した結果 \((-1)^2\) の確率で \(\ket{1}\) を得る.