推しが武道館にいってくれたら死ぬ

  • 2020/Q1

原作が好きなので見てる.

漫画に比べても万人受けしないといけないという制限から多少チューニングされている感触はあるが, 概ね良い. 敢えて言えば, アニメは原作よりもアイドル側に重点をより置いているように感じられて, そのために一見アイドルアニメ風に感じるかもしれない. しかし, だとしたら普通はありえないような, 無精髭を生やしてだらしなく太ったアイドルオタクがいいカッコして喋ったりしているシーンが不自然に思えるだろう. 何を隠そう, これはアイドルアニメでは無い. 地下アイドルオタクのアニメなのだ. だからこそ, アイドルがバイト先でオタクと会話するし, 推しと電車で偶然同じ車両に乗ってしまったときの対処法をわざわざ描くわけだ.

ところでただのアイドルオタクアニメではない. それは単なるモチーフであって, 本質ではない. 本質は何かと言えば, 平尾アウリであるところにある. それは百合であって, シュールなギャグにある. 百合は百合でも, 多少ガチで重い部類に入るのだが, アニメは気にしなければ軽く感じられるようになっているので, そういうのに興味がないのなら, ゆりゆりくらいに愉しめばいい. そういうのを込みで味わおうと思えば匂わせてくれるようにもなっている. 神経を研ぎ澄まして鑑賞して, もしやここは? と思ったら, それは思い込みじゃなくて本当にそう. 本当の平尾アウリを楽しみたい人は, 是非原作を読め.

平尾アウリらしいシュールな笑いというのは, 残念ながらアニメには反映されてない. それは漫画独自のものだから, 映像化するのは難しいし, 成功したところで万人受けはしないだろうから, しょうがない.

最終話、残念だったな。 今まで原作にただ忠実に作るだけのアニメだと思ってたのに、最終話にして突然何を張り切ったのか、アニオリでアイドルどうしのどろどろを見せてきた。 何を考えてるんだ。 この作品はアイドルアニメではなくて、アイドルオタクアニメであり、百合アニメなのに。 やっぱりアニメは漫画を超えられない。 後半は良かったです。