データの段落分け, index

一つのファイルに複数のデータを書き、 index キーワードを使うことでそのうちのいくつかのデータだけを使ってプロットさせられる. データは 2 つの空行で区切って並べる.

every とよく似ているが、こちらは出来ることが少ない代わりに特化しており、 データに名前を付けることで名前で使うデータを指定できる.

data format

データは 2行 の空行で区切る. データは先頭から 0-start の index が与えられる. データの先頭にコメントで名前 (<data_name>) を与えられる.

# data1
x1 y1
x2 y2
x3 y3


# data2
x1 y1
x2 y2
x3 y3

index keyword

次の2種類の使い方がある.

plot ... index <start_index>{:<end_index>{:<index_incr>}}
plot ... index <data_name>
params default value explanation
start_index (int)index このデータをプロットに使う
end_index start_index (int)index start_index からここまでのデータをプロットに使う
index_incr 1 (int) start_index から end_index までの範囲にステップを与える
data_name (string) この名前のデータをプロットに使う

example

set terminal png
set output 'index.png'

# index で指定する場合
# plot 'index.dat' index 0 lc rgb "#0000ff" w lp title 'index0' ,\
#      'index.dat' index 1 lc rgb "#00ff00" smooth bezier title 'index1'

# data_name で指定する場合
plot 'index.dat' index 'linear' lc rgb "#0000ff" w lp ,\
     'index.dat' index 'exp' lc rgb "#00ff00" smooth bezier
# linear
0 0
1 2
2 4
3 6
4 8
5 10


# exp
0 1
1 2
2 4
3 8
4 16
5 32