paper/

[1704.02227] Training Triplet Networks with GAN

概要

分類タスクを GAN によって半教師的に補強する研究は一般的であるが、 本論文は Triplet Network の学習を GAN によって補強する方法を報告している.

あらまし

Triplet Network

ちょうどこれについては昔読んで書いた記事が これ なので詳細は省くが、

triplet \((x, x^+, x^-)\) から共通のネットワーク \(T\) を用いて \((z, z^+, z^-)\) を作って、

\[\max \frac{\exp \| z - z^- \| }{\exp \| z - z^+ \| + \exp \| z - z^- \| }\]

を目指すのであった.

この値はちょうど \(0\) から \(1\) の範囲に収まる値なので、 本論文ではこの値を 「\(x\)\(x^+\) とが同じクラスである確率」 \(p_T(x, x^+, x^-)\) と表現している. (これの対数尤度を損失関数として設計してある.)

GAN

こちらも詳細は省くが、 2つの機械 \(D, G\) について

\[V(D, G) = \mathbb{E}_{x\text{ is real }} \log D(x) + \mathbb{E}_{z \sim P_z} \log (1 - D(G(z)))\]

を定めた時、 \[\min_G \max_D V(D, G)\] を目指すものであった. 典型的には、一方を固定して他方を最大化/最小化することを繰り返すことで、 学習を進める.

Triplet Training with GAN

GAN の \(D\) の前半 (というか大部分) を、triplet network の特徴ベクトルを構成する機械 \(T\) だと見做すことにする. 具体的には次のようにそれぞれを構成する.

Triplet の学習としてはこの \(T\) を行い、 GAN の学習としてはこの \(D\) と何か \(G\) を用意して行う.

実験評価

実験では MNIST/Cifar-10 の分類性能を行っている. また Triplets を分類性能で比較するのか... GAN だけ、Triplets だけと比較して良い. 例えば MNIST では、ラベル付きデータを 100 個だけを使って正解率 97.61% を達成.