Mon Oct 14 17:35:33 JST 2013

自転車で車道の脇を走っていると,横断歩道でも何でもないところから急に 人間が現れた.ブレーキをかけるのと相手が何者であるかの観察するのとで その時の私は忙しかった. おじいさん,見た感じ浮浪者が,小汚い袋を積んだ荷台を押していたようだった. そして自転車の方は,速度をゼロにするには間に合う前にその荷台にぶつかることを 避けられないようだった. 避けられなかった. 私の体は半回転し,頭は硬いアスファルトに接地していた. じいさんは私の顔を覗いて まあ,少し大きな石に躓いたとでも思ってくれ と言った.私は衝撃に飛んでいった自分のメガネを, メガネのない状態で探すのは困難だと思った.