Sat Dec 28 10:50:55 JST 2013

夢日記

家のドアを開けたつもりが2つ手前のドアであった
赤い大きなソファがあったのでそこで初めて自分の家でない
ことに気付いた
家に誰もいなければよかったのだが運の悪いことに奥から
大きな物音がした
人が普通に生活してることを主張する程度の音
考えれば人がいるからこそ鍵は開いているんだ
私は慌てて,開けてからまだ閉めてなかったドアを閉めて
その時私の体はもうドアの外にあり
自分の家は一番端なのだからどうして間違えたのか
2つ隣だったことに気付いたわけである

赤いソファの住人に気附かれないことを祈って自分は
できるだけ急いで自分の家に入った
自分の家もやはりドアに鍵はしていない
母親と姉がいた
他にも誰かいた
姉は玄関から音がしないか?と自分に聞いた
自分は断固としてとぼけた
その内部屋の壁から明らかにノックをするような音が
してきたがこれは道理にあわなかった