Fri Jan 23 02:41:36 JST 2015

AndroidからPCを操作したくて、 Chrome-remote-desktop は、 PC -- PC も、 PC -- Android (AndroidからPCを操作) も出来るらしいので、 インストールを試みた。

結果、できてないです。

install Chrome-remote-desktop into Debian Wheezy

Chromeの上の拡張 "chrome-remote-desktop" を起動. "Share this computer to another..." を選択すると、 *.deb のダウンロードが始まる

sudo dpkg -i *.deb

すると、依存関係が解決できないと言われた。 (xvfb, gksu, xbase-clients, python-psutil に依存してるらしいが、 そんなのは存在しないと言われた。)

レポジトリの追加

Chrome-remote-desktop は、 以下のレポジトリで提供されてるらしい。 きっと必要な依存もその中にあるのだろう。

echo "deb http://dl.google.com/linux/chrome-remote-desktop/deb/ stable main" \
| sudo tee /etc/apt/sources.list.d/chromeos.list

apt-get update すると、以下のように怒られた。

W: GPG error: http://dl.google.com stable Release: The following signatures couldn't be verified because the public key is not available: NO_PUBKEY A040830F7FAC5991

apt-key (リポジトリの公開鍵の追加)

リポジトリを追加するのに今までこんな事やったことなかったんだけどなあ

KEY=A040830F7FAC5991
gpg --keyserver subkeys.pgp.net --recv-keys $KEY
gpg -a --export $KEY | sudo apt-key add -
sudo apt-get update

エラー無くアップデートできた。

インストール

レポジトリ追加さえすればインストールはできる。

先ほどの *.pkg があれば、改めて、

sudo dpkg -i *.deb

でいいし、

sudo apt-get install chrome-remote-desktop

でも、インストールできる。

起動

sudo /etc/init.d/chrome-remote-desktop start

で出来るようだけど、 起動して、Chrome で確認しても、 インストールしろというメッセージしか表示されない。

諦めた

sudo apt-get -y remove chrome-remote-desktop
sudo apt-get -y autoremove