Sun Jun 14 13:14:09 JST 2015

夢日記

宝くじを買っていた
30分後のラジオを聞いて結果を聞いてから、そこで思い立って宝くじ売り場 (なぜかすぐ目の前にあった) に向かって買ったのだった
マーク式で、0をスタートに、等確率に{+1, -1} を累積和していった結果を予想する

ランチ

あんまりお腹が空いていなくても、いまからずっと作業をすると決めたら、
しっかりご飯を食べておこうと、神保町の駅に降りて、そう思い
行きつけの中華料理店に入った
日曜日なので日替わり定食はなくてA定食を食べた
食べてる最中にお金が足りるか財布を確認した
まさしく食べてる最中に確認をするのが癖になっている
ポケットに手を入れて触った感覚だと、紙の感触があった
念のために開けてみると、それらは全て割引券であって
小銭は100円玉が4枚と、50円玉が2枚だけだった
レジで謝ってすぐ近所にあったのが郵便局だったので、
そこで1000円だけ降ろして、お店にまい戻ってきた
店員さんは笑いながら、大丈夫です、を繰り返していた
私はただただ申し訳ない気持ちで、失礼しました、を繰り返した