Tue Dec 13 00:43:27 JST 2016

日記

月曜日はチャイムで一度起きた. なんのチャイムであるか、寝ぼけた頭では分からず二度寝した. 再び目を覚ましたのはお昼の12時で、其の頃にはチャイムの正体の察しがついていたので、一階の宅配ボックスから荷物を引き取り、ダンボールの外装から取り出し、中身をかばんに入れて出掛けた.

— 枚方さん (@cympfh) December 12, 2016

というわけで kindle paperwhite を買いました. 昨日までの一週間、(大体) 半額になるキャンペーンがあったので. 正確に半額ではなく、 paperwhite の場合は一律 7,800円オフだった. これは paperwhite のマンガモデル (容量が32GBであるだけ) のキャンペーン情報なしバージョンなので、定価が 18,600 円. 割引しても1万円は超える.

kindle の期間限定の値引きキャンペーンも、ことあるごとにやっている. こないだは、父の日キャンペーンといって値下げしていた. 今回は、プレミアム会員限定で値下げが適用されるキャンペーンであった. プレミアム会員獲得のためのキャンペーンに思える. しかしAmazonでの買い物というのは結局、お店での買い物と変わりないので、 プレミアム会員がプレミアム会員でない人間のために買ってあげる、という行為は全くマナー違反でもなんでもない. まさか、自分自身が使用する目的以外に購入しちゃダメなどという倫理はないく、 Amazon には、人に買ってくれと要望するための wish list がある. 私はプレミアム会員ではないので、知人がプレミアム会員であるのを確認して、購入を依頼したが、 手っ取り早く私の住所に届けてもらうために、 その場で wish list に追加して、買ってもらった.

いわゆる電子ペーパーを使った端末は前々から欲しかった. 私はマンガはもう大体 Kindle で買う人間だったので、買うなら Kindle 端末だった. ずっと踏みとどまっていたのは、周囲に使っている人間がいないから. いたら、触らせてもらって先に感想を持てたし、持ってる人間がいることは、人気があることの一番の証拠だから.

今日一日はずっとこの端末で遊んだが、感想としては、大いに満足している. 電子ペーパーは状態をリセットするために白黒反転を挟む必要があるなど問題があるにせよ、 読書するための媒体として、今のところは、紙に次いで二番目に良い. Android タブレットで論文などもう読みたくない.

悪い所

裏のamazonの文字シールで隠したい pic.twitter.com/uSOeVnyo7Q

— 枚方さん (@cympfh) December 12, 2016

満足していると言ったのは、電子ペーパーで Kindle のコンテンツが読めるという所であって、 その他、特にソフトウェアについてはダメ. それは、Android や iPad で Kindle アプリを使ってれば分かるでしょう. ディレクトリ相当のものを作って本を整理できないだとか、 自分が持ってる本の中からスクロールなり検索なりでぱぱっと欲しい本が見つけられないだとか (ストアから検索する話じゃなくて、自分が持ってる本から検索する話ですよ). そこに期待してはいけない. かといって他に信用できる電子書籍を売ってる会社を知らないので Kindle は使っていきます.